手入れの仕方を知りたいボクシング用品

ボクシング用品は一般的にはグローブとシューズに分けることが出来ます。汗をかくスポーツですので、特に手入れをしていないと、汗臭くなってしまうものです。シューズであれば、比較的簡単に洗うことが出来ますが、グローブを洗うということは一般的ではありません。そこで、誰でも簡単に行うことが出来る手入れの方法について紹介します。グローブを使用している本人はもちろんのこと、周囲の人も不快にさせないように、ニオイが出る前に行うようにしましょう。出来れば、使用した後は毎回行うようにすると、不快なニオイなどを防ぐことが出来ます。手入れをすることにより、グローブに愛着がわいてきますし、状態も確認することが出来ますので、トラブルを防ぐことにも繋がるでしょう。

普段から手入れを行うようにしよう

グローブが汗で濡れているという場合、そのままの状態で手入れをしようとしても思ったような効果を得ることが出来ない事が多いでしょう。そこで、おすすめなのが風通師の良いところで陰干しをするということです。直射日光のあたるような場所に干すことで、干す時間は短縮されますが、紫外線でグローブが傷みやすくなってしまうため、オススメではありません。その後、固く絞ったタオルなどで水拭きをし、最後陰干しをします。ボクシング用品を販売しているメーカーからも発売されているレザーローションを少量塗り、捨てても良いような布で表面に薄く塗り広げ、十分に馴染んだら、グローブを揉みます。これは、レザーを柔らかくするために行いますが、硬さが気になる場合には、ローションを二度塗りすると良いでしょう。

ニオイが取れないときの最終手段

陰干しや水拭きなどの手入れをしてもニオイが取れないボクシング用品については、水洗いをすることで、ニオイを抑えることが出来る場合があります。方法は、バケツなどに水をいれ洗濯用漂白剤をその中に入れ、さらにグローブを入れます。この時、グローブが浮かないように重いものを置くなどすると良いでしょう。そのまま一晩ほど放置したら洗います。しっかりとすすぎ、柔軟剤などを少量つけるようにします。そして、脱水を行いますが、手で脱水をするのには限界があるため、必要に応じて洗濯機を使用するようにしましょう。干す時には、形を整えてから干しますが、グローブの内側は乾きにくいので、乾いたタオルなどを詰めるなどしてしっかりと乾かすようにします。生乾きの状態は悪臭の原因となるので、注意が必要です。