ボクシング用品はどのように使ったら良いのか

近頃は、ボクシング用品を利用して、体力づくりやダイエットをしている人もいます。激しい試合だけに使うだけではなく、使用の幅は広がっています。女性でも習う人が増えているのです。ボクシングを始めるにあたって用具を用意する必要があります。まず、グローブとバンテージは必須のものです。これが無くては始まりません。そして、専用用品のトレーニングウェアを着たほうが、心地よくボクシングができます。タンクトップなどで代用する人もいますが、汗が染みこんでべっとりします。トレーニングシューズも用意すれば、動作も軽快になります。自宅などで練習をするなら、サンドバックが必要です。サンドバックにも色々な種類があります。試合をするようになれば、マウスピースをするべきです。安全性のため、ヘッドギアも装着します。大まかに、これらが必要な用品です。

バンテージの巻き方と練習着について

バンテージというのは、拳と手を守るものです。一般的なものはコットンでできていて、これを拳に巻いて使用します。そして、手首のほうまで巻いていきます。伸縮性があって馴染むものが良いです。これは、使用したら捨てる消耗品です。多めに用意しておくと便利です。巻き方にコツがいるのですが、慣れれば手早く巻くことができます。併せて、テーピングテープで補強する方法もあります。代わりに、布製のインナーグローブを使う人もいます。これは、手袋のように手にはめるだけでいいので簡単です。素手でグローブを使用すると、手の皮が剥けてしまいます。ボクシングウェアは専用のものを着ると、吸水性が良く快適です。動きやすいという利点もあります。減量目的であれば、逆にサウナスーツなどを着る人もいます。

グローブの装着方法と使い方について

グローブは様々な種類があります。自分の手にフィットするものを選びます。薄くてミットを打ち込むような練習用のものもあります。重いものは、スパーリングの練習用です。バンテージを巻き付けた拳に装着して、手首の部分を固定すれば使用できます。装着しているグローブによって衝撃度が違います。始めたばかりの人は拳を守ろうとして、パンチの角度を変えてしまうので、手首を痛めやすくなります。フォームを正しくすれば、ケガのリスクが低くなります。グローブを使用した後は、定期的に干すと、臭い移りを防ぐことができます。注意する点は、直射日光が当たらないように、陰干しをするということです。表面はタオルでふいて、革製品の手入れに使う道具できれいにします。手入れをすることで、長く快適に使うことができます。

直営店舗は関西を中心に関東にも進出しているので、全国に順次拡大中です。 商品やご希望額から商品検索が可能で、お探しの商品が見つけやすいです! デザインにこだわり、デザインチームが制作しているカジュアルウエアも充実! 多くのメディアで弊社の商品をご紹介いただいています。 スポーツバックも目的別に多数お取り扱いがございます! 日本のスタッフがデザイン、設計を担当しています。 ボクシングの用品の購入ならこちら!